ホームページ タイトル 本文へジャンプ
操体法(そうたいほう)について・・・  


イメージ
 操体法(そうたいほう)とは、
 操体法は、仙台の医師 橋本敬三(1897-1993)先生が
 西洋医学の治療に限界を感じ、東洋医学、民間療法などを
 自ら実践し提唱した治療・健康法。

 当初は操体治療目的で使われていましたが、やがて

 健康的な生活を送るための原理原則まで体系化されました。

 生命はそのバランスの法則の基に生かされていて、
 体の不調の根源には
身体の歪みがあり、
 そしてその歪みの原因は「息・食・動・想+環境」の
 総合的なバランスにあるということを提唱されました。




操体とは、からだを動かしてからだの歪みを正し、もとの「正体」にもどすことである。

からだの訴える異常感覚・苦痛は、健康悪化、病気への警告信号。

逆に異常感覚が解消するのは、治癒への第一歩で、次にからだの機能が回復してくる。

  操体の原則

・苦しい動きはしないこと。

・本人にとって痛みや不快感の生じない動きであること。

・からだの動きの中に「安定した気持よさ、快感」を求めることが勘所である。

                    橋本敬三著「万病を治せる妙療法-操体法-」より



もっと簡単に説明すると

「身体が心地よいと感じることをすれば、自然にもとの身体に戻るように出来ている。」

という理論に基づいた実にシンプルで奥が深い治療・健康法です。



    

出版されている操体法の本の紹介のページはこちら
   
 

 操体法は施術者によって捉え方が違い、施術者の特色が色濃く出ます。


 私のやっている操体法の流れを簡単に説明すると

  「痛い動作と痛くない動作を見つけて」

  「痛くない、楽な方へ楽な方へ、ゆ〜〜っくりと心地よいだけ動いていき」

  「最後に少し心地よさをキープしてから、ふぅっと全身の力を抜いて」

  「その場でしばらく休んでゆっくり元に戻る」


 それだけです。


 それだけなのに、気がついてみると身体全体の歪が整ってゆきます。


 操体法には、「ここちよさ」はありますが、やっている「手応え」はありません。

 操体中はハッキリ言って、「こんな事して、何になるの?」って感じです。


 それなのに、前後の動きを確認してみると、

 「痛い動き」が「痛くなく」なり、「出来なかった動き」が「自然と動く」ようになります。



 よくある感想を列記すると、

 ・何かよくわからんけど、楽になった(痛みが取れた。動けるようになった。)

 ・効いたかどうかはわからんけど、何かスッキリした。

 ・なんとなく気持ちいい。(気分が良くなった。)

 ・いつの間にか良うなった。 (気が付いたら、痛かった所が無くなっていた。 )


 ・身体が軽くなった。(足取りが軽くなった。)

 ・背すじが伸びた気がする。

 ・息がしやすくなった。(声が出しやすくなった。)

 ・視界が開けた。(目が良く見えるようになった。光が明るく見える。)

 ・体が動くようになって、今まで出来なかった事を無意識にやっていた。

 ・ずっと痛いのをかばって用心して生活していたのに、ごく自然に普通に戻ってた。



 ・・・↑こんな感じの感想が多いです。



 私は、1回で100%治ることを目指していません。6〜7割ぐらい元に戻るのが目標です。
 「身体に負担を掛けてまで早く治すこと」よりも、「の〜んびり徐々に楽になれば」という

 スタンスです。


 ・・・なので、全般的にゆる〜〜い感じの施術になります。

 しかも患者様主体で動いて頂きます。私は「動きのお手伝い」をするだけです。

 回数を重ねたら、自然と私なしでも一人操体法が出来るようになります。


 操体法は、原理原則を身体でご理解できたら、場所も時間も問いません。

 慣れれば、お家や職場のちょっとした合間に、ご自身で身体の歪みを治せます。



 『操体法』は、どちらかというと マイナーな治療法ですが、

 『操体法』と検索をかければ、たくさんのページがヒットします。

 本もたくさん出ています。興味が御座いましたら、大きな本屋さんで探してみて下さい。

 

 
操体法の本の紹介のページへ・・・



  Top:操体法について へもどる

  Home:癒し庵ほぐのび へ