ホームページ タイトル 本文へジャンプ
治療について・・・          


イメージ イメージ イメージ

当院の施術は
患者様のご協力が必要です。


当院では、
患者様がご自身の感覚に従って
患者様主体で動いて頂き、私は
その動きのお手伝いをします。

操体法をベースに、
ここちよい方向に伸びをする
ような感じで全身をほぐし、
身体のバランスを整えて
いきます。

痛い事は一切致しません。


操体法では、痛くない方向へ
心地よいだけ身体を動かし
ます。

だから、無理な動きや痛みの
出る動きは、その感覚に気付き
次第ストップします。

その時々の患者様にとって、
ここちよく安定し楽な動作を
選んで動いてもらいます。

「ご自身で動く」といっても
力はほとんどいりません。


運動制限のある方や
体力の無い方でも、
その方それぞれの許容範囲内
での痛みの出ない楽で無理の
ない
動きに合わせますので、

老若男女どなたでも安心して
お受けできます。
妊婦さんでも大丈夫です。

***出来るだけ動きやすい服装でご来院下さい。***


普段着で構いませんが、可能ならばスカートではなく、ズボンでお越し下さい。


ジャージ、スエット等の動きやすい服装を持参して頂いて、ブース内でお着替えになっても構いません。

(ただ着替えのお時間の分、施術時間が減ってしまいます。


ご希望によりスカートのままで出来る内容にする事も可能です。

施術者は女性です。 その時々に応じて充分配慮致します。

〔柔整師・鍼灸師:河村久美子〕
仕事帰りでスカートの方でもご安心してお気軽にお越し下さい。


**私自身 と 癒し庵ほぐのび への思い**

私は、「もう若くはないけど、オバサンは嫌!」くらいの年齢です。

(だから申し訳ありませんが、HPに顔写真は載せません(^^

上記にも書いてありますが、鍼灸師と柔整師の国家資格を持っています。


私は、勉強兼アルバイト程度に他の院に短期間勤めた事があるだけで、

国家資格を取得してからの十数年、ほとんど河村整骨院で働いています。

河村整骨院は、父が院長の河村鍼灸院の時代から数えると30年以上前からある

古い治療院です。(父は鍼灸整骨院部門で、まだ現役で働いています。)


私は、他の院での経験が少ない事を補うために、有名な治療に関しての専門書や

ビデオを買い集めて勉強したり、様々な治療法の講習会やセミナーに参加したりして、
随分長い間、自分に合う施術方法を模索していました。


施術家の方々には、「短時間の手技で最大の効果」を追い求める方が多いのですが、
それを実現する為の手技は、結構危険の伴うものも多いです。

また、首(頚椎)・肩・腕・腰(骨盤)・膝・足 等々のパーツで人の身体を考えていて、

「痛む場所のみ」だけにアプローチする療法も多いです。


私は、時間が掛かっても患者様には、ゆっくりじっくり身体全体を治して欲しい。

現代社会では、「からだ」だけでなく、「こころ」も病んでいる方が多いので、

身体をここちよくする事で、こころの健康にも繋げていきたい。


そんな風に常々考えていた折に操体法に再会しました。私は、学生時代から

操体法を学んでいたのですが、本当の操体法の良さ(身体だけでなく心の操体法)

に気付いたのは、ここ数年です。


整骨院での操体法を使った施術で、寝違え・ぎっくり腰・捻挫などには、

その日だけの施術でも、私自身が驚くほどの効果をいつも体験しますが、

整骨院での短時間・短期間の施術は、私の性格には合わない様に思います。


「もっとゆっくり、もっとじっくり、時間も期間も掛けて、身体をここちよく動かす事を

患者様に覚えて貰いたい。そして、患者様自身にご自身の身体を治せる力がある事に
気付いて、日常生活の中でも操体法を使って日々楽に気持ちよく過ごして欲しい。」


この【癒し庵ほぐのび】は、そんな私の想いからできました。



だから、お急ぎの方には、【癒し庵ほぐのび】は向きません。



「ゆっくりのんびりご自身と向き合ってみたい」方。

たとえ時間が掛かっても、痛くも怖くもない身体に優しい治療法をお求め」の方。

・・・そんな方にオススメです(*^^*)



<対象症状>

頭痛、眼精疲労、めまい、耳鳴り、首の痛み、肩こり、五十肩、腕や手の痛み、腱鞘炎、
背中の痛み、慢性腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、膝関節痛、足の痛み、
下半身のダルさ・冷え、
便秘、ストレス、不眠、自律神経失調症、鬱 等


*上記の<対象症状>には、一度のご来院で症状が軽減し、すぐに効果を実感できるものと、

 長期の加療により徐々に症状が和らいで、来院回数を重ねるごとに、少しずつ効果を実感でき、

 楽になってゆくものが含まれています。私の経験と操体法の文献等により、長くかかっても
 少しずつ緩和できると期待できる症状を載せています。

   
別メニュー?→ゆるゆるほぐほぐ(頭痛などで、お困りの方へ・・・)

HOME(癒し庵ほぐのび)へもどる
Top 治療について へもどる